FC2ブログ
インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
竜串のグラスボートに乗ったよ♪
同じ四国内なのに、はるか遠くの高知県の
足摺岬にやってきた私達。

第一の目的は、四万十のウナギを食う!

でも、鰻重だけ食べて帰るのも、
とーってもモッタイナイので、観光して帰る事に。


『土佐清水市竜串』っていう場所に、
グラスボートに乗れる場所があるってさ。


竜串








チケットを買って(大人1人:1560円・ワンコ0円)
さぁ、乗り場に急ごう!


竜串2









大ハリキリの三郎。
どんどこ歩いて行きます。


竜串3







大きな貝の横で、記念撮影の三郎。


竜串4








とってもイイ天気で、絶好のグラスボート日和。
本当は、この時点ではグラスボートって何
状態だったんだけど、なんだかワクワクしながら
みんなで一緒に歩いたよ。


竜串5









ちょっぴりヘトヘトになりつつも
頑張って歩く三郎。


竜串6









海が見えてきたら、テンション上がる
あんまりお客様も居なかったので、
本当によく分からぬまま、乗り場へ


竜串7









頑張って歩ききった三郎。
ボートに乗る時は、さすがに危ないので
抱っこ。
他のお客様が居なくて、私達の貸し切り~。


竜串8








ボートの中の通路。
三郎が車イスで歩けるくらい。


竜串9








貸し切り状態で、出発
とっても心地よき潮風を感じながらの
スタートです。


竜串10


タイミングが良かったみたいで、
グラスボートは貸し切り状態。
三郎も、のびのびできて、本当にラッキー。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



page top
泊まったコトは無かった事にしたい件
四国の最南端にある、
白亜の足摺岬灯台にやってきた。


足摺岬13









上から見たときは、遠いかと思ったら、
結構、近かった。


足摺岬5








そんな感じで、四国の最南端の場所を
堪能したら、往き道では点灯してなかった
灯りがバッチリ点灯してて、
とっても素敵な風景になってた。
ラッキー



足摺岬14








お散歩中のオシャレ ワンコに出逢って
コンニチハ。


足摺岬15









三郎のとっても好きな犬種だったために、
目が飛び出るほど、興奮してた三郎。
顔の大きさが違いすぎる2匹。


足摺岬16









5時間30分かけて、はるばるやってきた道を
そのままUターンして帰れるハズもなく・・・
当然、この日はお泊まりで。

しかし、お宿の紹介はスルーします。
時間が経てば、だいたいのコトは笑い話にできるのに、
この時泊まった宿だけは、ゴニョゴニョゴニョ

そもそも私が宿泊先を間違えて予約してしまった
という、凡ミスを犯したのが原因。
お宿に向かうために、ナビに入力しようとした
時に気がついて、目の前が真っ白





茫然自失で、ほとんど写真を撮ってないけど
夕食のメインが新鮮かつ壮大な
天然鯛やら、ハマチやらのお造り。


足摺岬17







他にもいろいろなメニューがあったし、
高知らしい、鰹のタタキもあったのだけど、
私自身が、ナマモノが好きじゃないので、
食べるもの無くて、ガッカリ


足摺岬18








もさ次郞 は、ご機嫌にお刺身を堪能してたし、
三郎も、新鮮なお魚のお裾分けを
イッパイもらえて、幸せそうにしてたから
よし!としよう。


足摺岬19



私だけが、コンビニで買ってた、ポテトチップスで
飢えをしのいだのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
騙されて最南端~
もさ次郞 が、高知県の四万十市に
仕事の用があるって言うのさ。

四万十市と言えば、四万十川のうなぎ
を食べられるじゃ~ん
鰻重に釣られて、四万十市まで付いて行った
10月29日(土曜)のコト。

四万十市まで行くなら、四国の最南端
『 足摺岬 』 まで行っちゃおう!
って気軽に考えてたけど・・・
遠っ!遠すぎる!!

徳島市から315㎞離れた距離。
5時間30分くらいかかったんですけど・・・

到着したのは、日暮れ前。


足摺岬








銅像ありました。。。
ジョン万次郎サンみたいですが、
なにせ基礎知識が無かったために、誰 って状態。


足摺岬2








飼い主さえ興味が無いことを
三郎が興味あるはずは無いのだけれど、
とりあえず、ツーショットの記念撮影。


足摺岬3








その後、雄大な太平洋を見渡せる場所に到着。
三郎の顔が黄金色に染まって、神々しい


足摺岬4








ここがまさに、四国の最南端と言われる場所。
隣接県である徳島県からでも、5時間30分も
かけて、はるばるやって来た地。


足摺岬6









ちょうど、日の入り時刻間近だったので、
美しい景色を見るためスタンバイ。


足摺岬7








ぐるりを見渡しても、すべて海・海・海。
すがすがしいほどの絶景。


足摺岬8








ひたすら車に揺られていた私 三郎にとって
一体何をしにきたのか分からない。

四国最南端からの日の入りだけを見に来た、
と言っても過言ではない。。。


足摺岬9










日の入り時間帯だったので、結構たくさんの観光客で
賑わってた。
観光ガイドさんの、「足摺岬は自殺の名所で・・・」
って言う、聞きたくもない話が洩れてきたら・・・


足摺岬10








ジャ、ジャ、ジャ、ジャーーーン

って、三郎だって火曜サスペンス風になっちゃう。


足摺岬11









気を取り直して、みんなで海岸線への美しい
日の入り風景を堪能しましたケドネ。


足摺岬12



足摺岬、人生で一度は行って見る価値
あるかもしれないけど、一度だけでいいかなぁ。
永遠にたどり着かないかと思われた、
あまりにも遠い遠い場所でした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
掩体壕って何ですか?~高知旅行記(完)
やたら高知に詳しくなってる、もさ次郞
次に訪れた場所は・・・

穴









コチラ、『 掩体壕(えんたいごう)』 と呼ばれるもの。
戦時中に、航空機を空爆から守るために造られたモノ。
鉄筋コンクリート造りでとっても頑丈。
戦争の遺跡として、高知には7基残ってるんだって。

元々は分厚いコンクリートの天蓋の上に
土を盛っていたようだけど、現在はコンクリートが
むき出しの状態。


穴2










この中に、飛行機を格納してたんだねぇ。
中はなんだかヒンヤリしてた。


穴3











田園風景の中に、どど~んと現れる
戦争の歴史を感じる建造物。
現代っ子の三郎は、嬉しそうに走り回る。


穴4












砂利だから、足が痛いかと思いきや
とっても上手に走ってた~。
足の裏が地面に着いてたし、イイ感じ。


穴6











だから、そのまま放置。
スパルタ方式だからねぇ、
せっかくの砂利の感触を楽しもう


穴7











三郎、たくましく歩いてた。
後ろ足、ズルズル引きずるんじゃなくて、
けっこう、砂利を蹴りながら走ってたもの。


穴8









ホラ、後ろ姿も軽やか~。


穴9









男子は、歴史とか、戦争の爪痕が残っているモノ
好きだねぇ~。
当時に思いを馳せてるのでしょうか。


穴10










付き合わされる三郎は、退屈そう。
そして、私も退屈だったりする。。。


穴11



この場所から、戦闘機に爆弾を2個のせて、
『神風特別攻撃隊菊水部隊白菊隊』 として
沖縄へ悲劇の出撃をした歴史があるんだね。

かつて、戦闘機がいたはずの空間には
農機具が置かれていたりして、田んぼの中に
溶け込んでました。

高知の最後に、貴重なモノを見られて、
もさ次郞は、だいぶ満足した様子で、
今回の高知旅行を終えました。。。

めでたし、めでたし。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
ただ食べただけの話~高知旅行記9
三郎が2箇所のお散歩スポットを楽しんで、
満足 満足 になったから、
次は、飼い主の満腹 満腹 になる場所へ。

めっきり高知にくわしくなった、もさ次郞 が、
地元の方に教えてもらったお店に
連れて行ってくれたんだぁ~。

海賊料理のお店(※ワンコ同伴は不可)

入り口には、いろんな貝がいっぱい。


海賊








メニューも、「長太郎」やら「ナガレコ」やら
「チャンバラ貝」 なんじゃらホイ


海賊2









ハマグリ~


海賊3











お刺身は、『ねいり』
ねいり、ってカンパチ若魚なんだってさ。
新鮮で、身がプリップリでした。


海賊4










海賊料理だから、海鮮が美味しいのでしょう。
きっと、海鮮モノを食べた方がいいのでしょうが・・・


私は、肉、 肉、にぃくぅ~
霜降りまくりのカルビでした。


海賊5










とにかく、ファイア~

私のお肉様が一等地の真ん中で、
もさ次郞のハマグリは、すみっこ。


海賊6









とにかく、なんでも美味しかった~。
「貝汁」もすごくイイ出汁が出てたし、
「太刀魚めし」も、磯の香りがした。


海賊7









調子にのって、スープを頼んだら、
えらくでっかい、肉と野菜満載のモノが出てきた。
でも、とっても美味しかったから、
一人でペロリと食べられちゃった。


海賊8









ハマグリも、熱さに我慢ならぬと
口を開けてきて、イイ感じ。


海賊9











アツアツを食べれば美味しいのに、
殻が熱くて触れないから、冷えるまで
食べてもらえない、可哀想なハマグリ達。


海賊10



三郎は、クーラーガンガンの車の中で
お利口サンに、お休みしてくれてました。
チョコチョコ、三郎チェックに行ったりして、
落ち着かない食事になっちゃうけど、
とっーーーーても、美味しかった!
肉がーーー!(笑)


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG