インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
西島園芸団地に寄り道~
高知の日曜市をひととおりチェックして
買い物した後は、三郎と一緒にランラ☆ラ~ン。
雨が止んでる隙に、歩こう!


高知26






私って、ずーっと自分のコト、晴れ女 だと思って
生きてきたけど、最近、もしかすると・・・
雨女 かも~ って思ってる。
この日も、車を降りて歩き出したら
恐ろしいくらいの雨降り
さっきまでの、晴れ間は何だったのー
っていうぐらい。


高知27






慌てて、電話ボックスに逃げ込み~。
三郎と一緒に、しばらくの間雨宿りしたよね。


高知28






その後、雨は止む気配無く・・・
呪われた、雨女のワタクシ。。。

よって、以前も三郎と一緒に訪問した
『西島園芸団地』へ


高知29






施設の中は、ワンコOKの上に
素敵な花々を楽しめるという、魅力的な場所。


高知30





無理矢理ながら、三郎もお花を楽しんだよ~。
天井からぶら下がってたブーゲンビリア。


高知32






もさ次郞 に抱っこしてもらって
花に近づけたけど、ペロリは届かず。
ざんねーん。


高知31




高知33






三郎は、花よりも本当はボールのような
でっかいレモンの実に興味をもってたけどね。


高知34





私の興味は、デザート。
コチラの園芸団地では、フルーツのハウス栽培してて
一年中、美味しいフルーツが食べられる。


高知35






三郎にも、ソフトクリーム買ってもらえたよ。


高知36






バニラソフトのお裾分け、嬉しかったよね。


高知37





一心不乱にペロペロしちゃって


高知38






最長記録を更新したかと思われるほど
舌をベロ~ン と出してたもの。


高知39






お口周りを、クリームでベトベトにしてた姿も
とっても可愛らしかったし、


高知40





お口周りに付いたクリームを
一生懸命ペロペロしてた姿も
とっても愛らしかった。


高知41



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


スポンサーサイト
page top
高知の日曜市で鰹ゲット!
4月2日(日曜) 曇り

この日は、高速にのってバビューンと
お出かけ予定だったのに、
速攻で、もさ次郞 がトイレ休憩を欲しがった。
そこで、徳島自動車道で唯一ドッグランがある
上板サービスエリアへ。


高知





初めて寄ったドッグラン。
誰も遊んでなくて、貸し切り状態。


高知2






遊び友達が居ないのは残念だけど、
私と一緒にランラ・ラ~ンしたよ。


高知3






ちょっと暑かったけど、
とっても爽やかな顔してた三郎。


高知4






オマエは本当にイケてる顔したブヒだよねぇ


高知5






一緒に走り回って、ストレス発散させて
車移動で、目的地にレッツゴー


高知6






目的地に到着後は、カートINの三郎。
駐車場からの坂道も楽ちん


高知7






この日は、高知の日曜市にやってきたよ。
日曜市は、食べ物だけじゃなくて
金物屋やら、苗木屋さんやらいろいろ。


高知8







三郎にとっては、全く興味ないお店ばっかり
だけど、唯一三郎様の目にとまったモノ!


高知9







ワンコ用の鰹。
三郎、カツオ大好きだもんねぇ。
ちゃーんと買ってあげたよ。


高知10


見過ごしてしまいそうに、ひっそり売ってた
犬・猫用のカツオ。
三郎は、ちゃーんと見つけて、買って~
アピールしてくれたよね。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
四万十川のうなぎ
高知県の土佐清水市にある 『 見残し海岸 』
は、とっても面白い場所でした。

こちらは、『 厄抜け岩 』
通り抜けたら、厄が払えるよ~って言うヤツ。
ここには、自ら率先して入っていくもさ次郞


竜串30









確かに、何かに祟られているかと思うほど
今年はついてない一年だったものねぇ。
しっかりくぐり抜けて、厄を落とすが良い。

もさ次郞と一体化してる三郎も、
一緒になってくぐります。


竜串31








三郎にしたら、とっても迷惑だけど、
合体してるから、なにせ行動を共にしなければ
仕方なし。
一人と一匹、けっこう真面目にくぐり抜けました。
これで、今後の生活も安心、安心


竜串32









その他にも、『 渦巻き岩 』 があったり

竜串33








『 蜂の巣城 』 を興味深く鑑賞する
一人と一匹。


竜串35









見たことの無いような奇岩が多くて、
地球とは思えない景色。

異星人に連れ去れてる風の三郎。

竜串34









そ~んな興味深い不思議な景色を
堪能できた場所でした。
この後、ちゃんとグラスボートが迎えに来てくれて
無事に「見残し海岸」をオサラバできました~。


竜串36











本当は、あんまり期待してなかった観光
だったのに、見応えのある場所に出逢って
とっても満足。
徳島から5時間30分もかけてやってきた
甲斐がある場所でした。

でも、忘れちゃいけない、
私の本来の目的は、あくまでもウナギ

帰り道で、「美味しんぼ」でも取り上げられた
お店に立ち寄り。
四万十川を見ながら食事ができるベストポジション。
三郎は、車でお留守番だけど、テラスの座敷席から
様子がうかがえるので、安心。

四万十










こちらのお店では、四万十川で捕れた天然のウナギと
養殖のウナギとを食べ比べできるお店、
って聞いてたんだけど、残念ながら今年の分の
天然ウナギは品切れ・・・なんだって。
だから、養殖ウナギのうな重。
でも、いいの。
私は養殖の方が美味しいと思う舌だから。


四万十2






食べ応えのあるウナギと
アオサの味噌汁
骨煎餅もパリパリ美味しかったし、
うな肝は生姜煮で、生臭さ一切ナシ。

四万十8








うな重は、フツーの美味しいウナギでした。
ちょっと期待しすぎてただけに・・・
5時間30分もかけて食べに来ただけに・・・
特別感はあんまりなかったような。。。

とにかく歩いて腹を空かせたもさ次郞 は、
味に文句を言いながらも、がっついてた。

四万十3









鮎そばも、フツーに美味しかったらしい。


四万十4



そんな感じで、一生に一度は訪れたい、
一度訪れたら、もういいかも~と思うような
長い長い距離を走った、四国最南端の旅でした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

page top
人魚御殿de人魚姫ごっこ
『見残し海岸』は、いろんな不思議がいっぱい。
自然にできあがった、穴がいっぱい。


竜串20









こんなにたくさんの穴があいてるなら、
三郎も一部屋もらっておこう。


竜串21








まんざらじゃない顔。
居心地良いのかしら。。。


竜串22









手つかずの大自然ですから、
道なき道を進んでいきます。
まさに冒険


竜串24










私は、未知なる場所を探検するのが
大好き ウキウキ ワクワク
一方、とにかく歩かされるのがイヤな
もさ次郞 は、しょんぼり感半端ナシ。
とぼとぼ歩いてたネ。


竜串25










いろんな見所があって、
こちらは 『 人魚御殿 』 と名付けられてる岩。
人魚なんか、いないじゃ~ん って思ったら・・・


竜串26









絶対に、率先してなりきるよねぇ~、人魚に
そう、ワタシハ、人魚。
声を失った、ニンギョ姫。


竜串27









そんな私を冷めた目で見てる一人と一匹。
とってもノリの悪いヤツラ。

竜串28



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

page top
見残し海岸だってさ。
土佐清水市の竜串って言う場所で
グラスボートに乗って、どこかに行ってる私達。


竜串10








三郎も外に出てきて、一緒に潮風を感じ中。


竜串11








グラスボートって、船底がガラスになってて
そこから、海の中が見えるの。


竜串12








魚が泳いでる様も鮮明に見えたよ。


竜串13







飼い主達は、初めて見る美しい光景に
きゃっきゃっ興奮してたけど、
三郎は、全く興味ないみたい。


竜串14








ガラス越しに、熱帯魚の群れや
珊瑚礁が見られて、とっても興味深かった。


竜串15








そうしてるうちに、あっと言う間に到着。
本当に透明度の高い海。


竜串16












やっぱりよく分からないままに、上陸。
そしてグラスボートは帰って行って、
私達は取り残された。。。


竜串17









ちゃんと予習してから観光に望むべきだったのに、
無知な私達は、ワケも分からず置いてけぼり。

どうやら私達が上陸したのは、秘境と言われる
『見残し海岸』
あまりにも難所のため、弘法大師が見残した
事から命名されたという。。。
グラスボートでしか、たどりつけない大自然の地。

あまりにも足場が悪いので、三郎は
スリングで、もさ次郞と合体して楽ちん。


竜串18









イカ釣りしてる釣り人を発見して、
興味深く見つめる一人と一匹。
入れ食いみたく、バカバカ釣れるらしい。
イカの大群がわんさか生息してた。


竜串19









釣れたばかりのイカ
ピチピチしてたけど、三郎は興味ナシ。


竜串23



自然がそのまま残された場所だったから、
魚もイカも自由に泳いでるのかな。
釣り人にとっては、楽園だねぇ。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG