インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
四万十川のうなぎ
高知県の土佐清水市にある 『 見残し海岸 』
は、とっても面白い場所でした。

こちらは、『 厄抜け岩 』
通り抜けたら、厄が払えるよ~って言うヤツ。
ここには、自ら率先して入っていくもさ次郞


竜串30









確かに、何かに祟られているかと思うほど
今年はついてない一年だったものねぇ。
しっかりくぐり抜けて、厄を落とすが良い。

もさ次郞と一体化してる三郎も、
一緒になってくぐります。


竜串31








三郎にしたら、とっても迷惑だけど、
合体してるから、なにせ行動を共にしなければ
仕方なし。
一人と一匹、けっこう真面目にくぐり抜けました。
これで、今後の生活も安心、安心


竜串32









その他にも、『 渦巻き岩 』 があったり

竜串33








『 蜂の巣城 』 を興味深く鑑賞する
一人と一匹。


竜串35









見たことの無いような奇岩が多くて、
地球とは思えない景色。

異星人に連れ去れてる風の三郎。

竜串34









そ~んな興味深い不思議な景色を
堪能できた場所でした。
この後、ちゃんとグラスボートが迎えに来てくれて
無事に「見残し海岸」をオサラバできました~。


竜串36











本当は、あんまり期待してなかった観光
だったのに、見応えのある場所に出逢って
とっても満足。
徳島から5時間30分もかけてやってきた
甲斐がある場所でした。

でも、忘れちゃいけない、
私の本来の目的は、あくまでもウナギ

帰り道で、「美味しんぼ」でも取り上げられた
お店に立ち寄り。
四万十川を見ながら食事ができるベストポジション。
三郎は、車でお留守番だけど、テラスの座敷席から
様子がうかがえるので、安心。

四万十










こちらのお店では、四万十川で捕れた天然のウナギと
養殖のウナギとを食べ比べできるお店、
って聞いてたんだけど、残念ながら今年の分の
天然ウナギは品切れ・・・なんだって。
だから、養殖ウナギのうな重。
でも、いいの。
私は養殖の方が美味しいと思う舌だから。


四万十2






食べ応えのあるウナギと
アオサの味噌汁
骨煎餅もパリパリ美味しかったし、
うな肝は生姜煮で、生臭さ一切ナシ。

四万十8








うな重は、フツーの美味しいウナギでした。
ちょっと期待しすぎてただけに・・・
5時間30分もかけて食べに来ただけに・・・
特別感はあんまりなかったような。。。

とにかく歩いて腹を空かせたもさ次郞 は、
味に文句を言いながらも、がっついてた。

四万十3









鮎そばも、フツーに美味しかったらしい。


四万十4



そんな感じで、一生に一度は訪れたい、
一度訪れたら、もういいかも~と思うような
長い長い距離を走った、四国最南端の旅でした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト
page top
人魚御殿de人魚姫ごっこ
『見残し海岸』は、いろんな不思議がいっぱい。
自然にできあがった、穴がいっぱい。


竜串20









こんなにたくさんの穴があいてるなら、
三郎も一部屋もらっておこう。


竜串21








まんざらじゃない顔。
居心地良いのかしら。。。


竜串22









手つかずの大自然ですから、
道なき道を進んでいきます。
まさに冒険


竜串24










私は、未知なる場所を探検するのが
大好き ウキウキ ワクワク
一方、とにかく歩かされるのがイヤな
もさ次郞 は、しょんぼり感半端ナシ。
とぼとぼ歩いてたネ。


竜串25










いろんな見所があって、
こちらは 『 人魚御殿 』 と名付けられてる岩。
人魚なんか、いないじゃ~ん って思ったら・・・


竜串26









絶対に、率先してなりきるよねぇ~、人魚に
そう、ワタシハ、人魚。
声を失った、ニンギョ姫。


竜串27









そんな私を冷めた目で見てる一人と一匹。
とってもノリの悪いヤツラ。

竜串28



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

page top
見残し海岸だってさ。
土佐清水市の竜串って言う場所で
グラスボートに乗って、どこかに行ってる私達。


竜串10








三郎も外に出てきて、一緒に潮風を感じ中。


竜串11








グラスボートって、船底がガラスになってて
そこから、海の中が見えるの。


竜串12








魚が泳いでる様も鮮明に見えたよ。


竜串13







飼い主達は、初めて見る美しい光景に
きゃっきゃっ興奮してたけど、
三郎は、全く興味ないみたい。


竜串14








ガラス越しに、熱帯魚の群れや
珊瑚礁が見られて、とっても興味深かった。


竜串15








そうしてるうちに、あっと言う間に到着。
本当に透明度の高い海。


竜串16












やっぱりよく分からないままに、上陸。
そしてグラスボートは帰って行って、
私達は取り残された。。。


竜串17









ちゃんと予習してから観光に望むべきだったのに、
無知な私達は、ワケも分からず置いてけぼり。

どうやら私達が上陸したのは、秘境と言われる
『見残し海岸』
あまりにも難所のため、弘法大師が見残した
事から命名されたという。。。
グラスボートでしか、たどりつけない大自然の地。

あまりにも足場が悪いので、三郎は
スリングで、もさ次郞と合体して楽ちん。


竜串18









イカ釣りしてる釣り人を発見して、
興味深く見つめる一人と一匹。
入れ食いみたく、バカバカ釣れるらしい。
イカの大群がわんさか生息してた。


竜串19









釣れたばかりのイカ
ピチピチしてたけど、三郎は興味ナシ。


竜串23



自然がそのまま残された場所だったから、
魚もイカも自由に泳いでるのかな。
釣り人にとっては、楽園だねぇ。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
竜串のグラスボートに乗ったよ♪
同じ四国内なのに、はるか遠くの高知県の
足摺岬にやってきた私達。

第一の目的は、四万十のウナギを食う!

でも、鰻重だけ食べて帰るのも、
とーってもモッタイナイので、観光して帰る事に。


『土佐清水市竜串』っていう場所に、
グラスボートに乗れる場所があるってさ。


竜串








チケットを買って(大人1人:1560円・ワンコ0円)
さぁ、乗り場に急ごう!


竜串2









大ハリキリの三郎。
どんどこ歩いて行きます。


竜串3







大きな貝の横で、記念撮影の三郎。


竜串4








とってもイイ天気で、絶好のグラスボート日和。
本当は、この時点ではグラスボートって何
状態だったんだけど、なんだかワクワクしながら
みんなで一緒に歩いたよ。


竜串5









ちょっぴりヘトヘトになりつつも
頑張って歩く三郎。


竜串6









海が見えてきたら、テンション上がる
あんまりお客様も居なかったので、
本当によく分からぬまま、乗り場へ


竜串7









頑張って歩ききった三郎。
ボートに乗る時は、さすがに危ないので
抱っこ。
他のお客様が居なくて、私達の貸し切り~。


竜串8








ボートの中の通路。
三郎が車イスで歩けるくらい。


竜串9








貸し切り状態で、出発
とっても心地よき潮風を感じながらの
スタートです。


竜串10


タイミングが良かったみたいで、
グラスボートは貸し切り状態。
三郎も、のびのびできて、本当にラッキー。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば



page top
泊まったコトは無かった事にしたい件
四国の最南端にある、
白亜の足摺岬灯台にやってきた。


足摺岬13









上から見たときは、遠いかと思ったら、
結構、近かった。


足摺岬5








そんな感じで、四国の最南端の場所を
堪能したら、往き道では点灯してなかった
灯りがバッチリ点灯してて、
とっても素敵な風景になってた。
ラッキー



足摺岬14








お散歩中のオシャレ ワンコに出逢って
コンニチハ。


足摺岬15









三郎のとっても好きな犬種だったために、
目が飛び出るほど、興奮してた三郎。
顔の大きさが違いすぎる2匹。


足摺岬16









5時間30分かけて、はるばるやってきた道を
そのままUターンして帰れるハズもなく・・・
当然、この日はお泊まりで。

しかし、お宿の紹介はスルーします。
時間が経てば、だいたいのコトは笑い話にできるのに、
この時泊まった宿だけは、ゴニョゴニョゴニョ

そもそも私が宿泊先を間違えて予約してしまった
という、凡ミスを犯したのが原因。
お宿に向かうために、ナビに入力しようとした
時に気がついて、目の前が真っ白





茫然自失で、ほとんど写真を撮ってないけど
夕食のメインが新鮮かつ壮大な
天然鯛やら、ハマチやらのお造り。


足摺岬17







他にもいろいろなメニューがあったし、
高知らしい、鰹のタタキもあったのだけど、
私自身が、ナマモノが好きじゃないので、
食べるもの無くて、ガッカリ


足摺岬18








もさ次郞 は、ご機嫌にお刺身を堪能してたし、
三郎も、新鮮なお魚のお裾分けを
イッパイもらえて、幸せそうにしてたから
よし!としよう。


足摺岬19



私だけが、コンビニで買ってた、ポテトチップスで
飢えをしのいだのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG