インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
愛媛の味を楽しむ♪~南九州旅行記16
しまなみ海道沿いにある岩城島。
フェリーに乗らないとたどり着けない離島なので、
帰りも当然フェリーに揺られて。
信号が1ツもない島は、ゆったりとした時間が
過ぎていて、非日常の気分が味わえました。

5分間のフェリータイム。
(じぃーっ と見ていると、船が本土にたどり着きます。)

フェリー







しまなみ海道の四国側にある
来島海峡サービスエリアに立ち寄り。
世界初の三連吊り橋である来島海峡大橋や
西瀬戸の島々の眺望を堪能しようと思ったけど、
グルメな誘惑に負けた。。。

『 せんざんき丼 』
唐揚げがゴハンにどーんとのってた。

愛媛




『 今治焼き豚たまご飯 』
今治を代表するB級グルメ料理。
中華料理店の賄い料理から始まったんだってさ。

愛媛3






『 あさりレモン蒸しラーメン』

愛媛2






愛媛と言えば、みかん。
『 はっさくゼリー 』

愛媛4




『 みかんゼリー 』 を食べ比べ。

愛媛5





『 不知火ジュース 』 と 『 清見ジュース 』
を飲み比べ。

愛媛6








めいいっぱい愛媛グルメを堪能して、
フレンチブルドッグ柄の 『 今治タオル 』 を
発見して購入。


愛媛7



無計画だったので、思いつくままの
時間を過ごして、次は高松に向かうのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト
page top
積善山の山頂から絶景を楽しむ~南九州旅行記15
お散歩から帰ってきたら、
お腹ぺこぺこ。
ちゃーんと豪華な朝ゴハンが準備されてるって
本当に旅行中は幸せ。


こもがくし35






ご飯のお供になる明太子やら、煮物やら
小鉢がもりだくさん。
焼き鮭の他にも、太刀魚のなます、
鮭の南蛮漬けまでもあって、
何から何まで文句付けようがない美味しさ。
ご飯、おかわりしちゃったよ~。


こもがくし36





飼い主の朝食には、三郎は同席できないから
お部屋でお利口さんにお留守番してたよ。
豪華な朝ごはんじゃないけど、
持参してた三郎飯をチャッチャッと美味しく頂いて、
旅の続きに出発


こもがくし37








この日の予定は、ノープランなので、
せっかくフェリーに乗ってまでやってきた
岩城島(いわぎじま)を冒険する事に。
ゆる~りと一周しても、車で30分ぐらいの
小さな島。

山頂展望台があるみたいなので、
そちらにも寄り道。
三郎は、もさ次郞 がお運び中。


積善山






車は、山頂付近の駐車場に駐めて
標高約370メートルのてっぺんに向かって
エッホラ 登って行ったよ。


積善山2







積善山(せきぜんざん)の頂上。

ヤホォォォー


積善山10







周りはすべて海。

積善山3



海、海、海ばっかりで、爽快。


積善山4







山頂の展望台には、地元の方も居て
島々の説明を受ける、もさ次郞 と三郎。


積善山5







でも、そんなに興味がない三郎は、
イチ抜~けた


積善山6







ホントは、景色なんか興味ないんだけど、
むりやり抱っこされて、瀬戸内海の
壮大な自然を見物。


積善山7





へぇ~すげぇ~!!


積善山8







高くて怖いですよぅ


積善山9








帰りは下り坂。
歩けるところまで、頑張って行こう!


積善山11







慎重に、慎重に、頑張って歩いて下る三郎。


積善山12







最後の階段の所だけは、抱っこにて。


積善山13







天気が良くて、壮大な景色が
キレイに見渡せて、すばらしいお散歩になりました。


積善山14




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
急な坂を登りきった日~南九州旅行記14
旅行中の方が、間違いなく早起きしてる。
早朝散歩は気持ちいいし、愛犬も喜んでて
とーっても嬉しい。
普段から、早朝散歩してあげればいいのに、
これが、なかなか難しいよねぇ~。

平成28年最後の日の朝散歩中。


こもがくし21








朝からガンバル自分のために
お散歩バッグの中に忍び込ませてたモノ。
前日に寄った道の駅で購入してた
「はちみつ焼」
食~べよう、っと。


こもがくし24






あんこがずっしりと入ったどら焼き。
ぎっしり入ったあんこよりも、三郎の目やにが
気になっちゃう。


こもがくし25






ずっしり重いどら焼きだったけど、
朝っぱら、ガツガツ食べられる優しい甘さでした。
はちみつタップリの皮の部分は、三郎にも
お裾分け。


こもがくし26







早起きした者には、イイコトがないと
お互いやってられねぇ~よね。


こもがくし27







三郎とこっそり甘いものを食べて
ひと休みした後は、お宿まで帰りましょう。


こもがくし28







行きは、下りだったので、抱っこしてあげたけど、
帰りは、自力であがってこいや
ってコトで、三郎の動向を見守る。


こもがくし29







なかなか急な坂で、長い坂だったけど、
心配することなんか全くなく、
慎重に、慎重に登ってくる三郎。

(じぃーっ と見ていると、三郎が登ってきます。

こもがくし30







三郎レベルだと、このくらいの坂道は
余裕なんだって。
すごいねぇ~。本当に頑張り屋サンだよ。


こもがくし31








お部屋に戻る前に、お宿のお庭を散策。


こもがくし32







朝食が食べられるテラスもあったり、
とってもオシャレなスポットだったけど・・・


こもがくし34






三郎が、すごい立派なヨダレ風船を
こしらえてたのが、気になって、気になって。

立派なまん丸ヨダレ風船だったのに、
ちゃーんと写真におさめるコトができなかったのが、
平成28年最後の日の一番の心残りに
なったのでした。


こもがくし33



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
早朝の砂浜ランニング~南九州旅行記13
12月31日。
いよいよ平成28年最後の日。
前日は、美味しいモノたくさん食べて
温泉入って、ぐぅすかピー だったので、
早起きしたよぉ~。
菰隠観音と瀬戸内海。
なんだか、とってもありがたい気持ちに。


こもがくし14






三郎は、まったく興味ナシ。
お散歩!お散歩!って感じに歩き出してた。


こもがくし15







お散歩中のワンコに会って、おはようございます。
お顔の高さが若干違うけど、爽やかに
挨拶できた、と思う。


こもがくし16







それでは、お散歩を続けましょ。
初めての場所を冒険する私達。
三郎の足取りも軽く、ランランラン


こもがくし17







ちょっと寒かったけど、歩いてるとホカホカしてきて
朝日をまぶしく感じる朝。


こもがくし18








日常は、なかなか朝の散歩に行く時間がないから、
まぶしい朝日の光って新鮮


こもがくし19






海に囲まれた島だから、砂浜みっけて
下りてみた。


こもがくし20







砂浜散歩に慣れたもんの三郎は、
スイスイと砂を踏みしめながら、走ってた。


こもがくし21







誰もいない貸し切り状態の砂浜を
三郎と一緒に走りまくり。


こもがくし22






瀬戸大橋も見えて、なかなか素敵な
プライベートビーチでした。


こもがくし23


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


page top
岩城島菰隠温泉へ~南九州旅行記12
鹿児島県を出発して、一気に愛媛県へ
もっと南九州の周辺でウロウロしてたかったのに、
なかなかワンコOKの宿泊先がなくて
早々に九州脱出 になりました。
移動、移動でバタバタ

年末旅行に向けて余裕をもって
計画的にお宿の予約をしておけば、
もう少し、ゆったりとした旅行ができたかも~
ですが、なにせ直感とノリで鹿児島行きを
決めたからなぁ~。仕方なし。。。

長い距離の運転はタイヘン。
私と三郎は、もさ次郞 を応援するのみ!
そして、たまにお昼寝


愛媛県のしまなみ海道にある小さな島
「岩城島」に到着したのは、夜8時過ぎ。
橋が架かってない島だから、ぎりぎりフェリーに
乗れて、たどり着いた感じ。

お宿は、コチラ 菰隠温泉(こもがくしおんせん)ホテル

ワンコ同室OKのプランがあって、
とってもアットホームなお宿でした。
なにより、ヒーヒー言いながら疲れた体で
到着して、もてなされた夕食が絶品でした。

お品書きは、こんな感じ。


こもがくしメニュー








『胡桃豆腐』
胡麻豆腐とは、また違う、深みのあるコクと
甘みがあった~。

こもがくし






『お造り』 

こもがくし2







『レモンポーク海鮮鍋』

こもがくし3






牛すき焼き鍋 も選択できたんだけど、
今回は、レモンポーク海鮮鍋。
岩城島は、「青いレモンの島」と言われてて
そこで育った豚は程良くサシが入り、旨みが濃く、
とてもやわらかでジューシーなんだって。

確かに~!って思うほどの舌をもってないけど、
本当に美味しい豚サンでした。

こもがくし4






でも、牛肉至上主義の私は、ちゃーんと
『世羅みのり牛サーロイン陶板焼き(120g)』
も別途予約済み。
まちがいなく、美味しかった。

こもがくし5





一人分6切れもあって、食べ応え充分。
いろんなブランド牛で、○○牛、って言われて食べるけど、
ほぼ味の違いは分からないけど、美味しい牛肉は
やっぱり美味しいなぁ~、幸せだなぁ~って思うね。

こもがくし6







八寸として、これまた豪華で珍しい盛り合わせ。
鰻棒寿司も美味しかったし、ひげニンニクの天ぷらや
クワイの煎餅なんて言う、初めて食べる品も
あったよ~。

こもがくし7




そしていきなりの洋風。
『ふぐのエッグ・ド・スフレ』
レモンソースがかかってて、
バターの濃厚な味とサッパリしたレモンの香り
が絶妙なハーモニーになっている料理でした。

こもがくし8






これでもかー!っていうぐらい
たくさんの料理が次々と出てくるのだけど、
すべて美味しすぎて、食べてしまえちゃう。

『サワラのかぶら蒸し銀あんかけ』

こもがくし9





豪華な『海鮮ちらし寿司』

こもがくし10




『鯛のすまし汁』
青さ海苔たっぷりで、海の香りに
包まれるお椀でした。

こもがくし11





デザートも手抜きなく、手作りの
『みかんのゼリー寄せ』

こもがくし12



本当に、このホテルの夕食を食べるためだけに、
フェリーに乗って来る価値がある品々。


あまりにも印象的な味の数々に、
なんちゃってグルメブログみたいになってしまった。
レストランは、ワンコNGだったので、
三郎は、お部屋でお留守番。
飼い主だけが楽しんだ、最高の夕食タイムなのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG