FC2ブログ
インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
お祭りでムダに浮かれる男と女の話
昨日は、地元徳島が大いに阿波踊りで盛り上がっている最中
にもかかわらず、『 さぬき高松まつり 』に行ってきたよ。
花火 見たかったのさ。

だいたいお祭りに車で行くような場合は、
渋滞するのが当たり前。
だから、お祭り中心地から離れたトコに車を停めて、
みんなでゾロゾロ歩いて行くもの、ですよねぇ。


しかし、絶対に歩きたくない男、もさ次郎 の運転する車は、
どうにかして中心地近くに停めようと、どんどん渋滞に
はまっていくのであった・・・。


助手席の私は、暇すぎてどーでもイイ写真を撮る。

高松祭り







しかし、強運の持ち主である、もさ次郎 
めちゃくちゃベストポジションに車を停めれてしまう。
そして、大して歩かずに花火観覧できて、痩せるコトが
またもや遠のく事態に陥る。








花火の写真を撮ってみた。
私、ブグ子作品。
焦点がズレて、花火の全体象を撮ることさえできてない。
もはや花火とは思えない、奇想天外な写真


高松祭り②













私の力不足を感じ、カメラを横取りして撮った
もさ次郎 作品。
真ん中に稲妻にようなモノまで写っているという
キテレツな写真


高松祭り③












花火とは、写真に撮るモノではなく、目で楽しむモノであ~る、
と早い段間に気が付いて良かった
おかげで、花火に集中できて、とっても楽しめました。

この後、屋台がある賑やかなトコに行ったりして、
いろいろ食べたのですが、テンションあがってしまって、
なんら写真を撮ってない、という。
写真を撮るコトすら、頭に思い浮かばなかったという。


現地で食べたモノの中で、『 鶏のスルメ 』ってのがありまして、
多分、鶏を茹でてるだけ、っぽいのですが、お店の人は
企業秘密って、もったいぶって作り方を教えてくれなかった。
焼いてる、的なコトを言ってました~。

何をもってスルメなのか、よく分からんまま、
コレなら、ワンコも食べられカナと思って、お土産にしました。


高松祭り④












しかし、お祭り時の浮かれた舌では、感じなかったのですが、
帰ってきて、気持ちが落ち着いて味見したら、塩味きいてた。
よって、三郎に匂いだけ嗅がして、食べさせなかったという、
残酷な結果。


高松祭り⑤












その他、お持ち帰りしたモノと言えば・・・

かき氷 の容器2ケのみ。


高松祭り⑥












いやぁ~、夜店のかき氷を久しぶりに食べました
ビックリするぐらい美味しかった。
ふわふわの氷だし、蜜の種類も多くて、かけ放題!
そして、練乳かけ放題。
もさ次郎 ったら、どんだけ練乳かけ放題するんや
って言うぐらい、練乳まみれにしていたよ。
痩せる、ってコトをすぐに忘れる、おバカさん

容器も使い捨ての安っぽいのじゃないため、
わざわざ、もさ次郎 に洗わせて、持ち帰ったという。



お利口サンにお留守番してたのにぃ~
ひ・ひどい・・・。



高松祭り⑦



ワンコも、暑い中お祭りに連れて行かれるのも地獄
でしょうが、置いてきぼりにされて、こんな貧相なお土産、
ってのも、ある意味地獄 なのか・・・。


このわざわざお持ち帰りした、かき氷の容器を使って、
ワンコに美味しいモノを作ってあげたいなぁ~、
と反省する飼い主なのでした。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト



© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG