FC2ブログ
インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
膿皮症その後・・・
今回も、三郎の皮膚の状態を飼い主の備忘録
として書きました。
気分のよろしく無い写真を載せてますので、
興味のない方はスルーをお願いします


9月4日に病院にて 『膿皮症 』 と診断された
三郎の皮膚。
病院から帰ってきた時は、赤みもあったし、
エライコッチャ


皮膚2















治療法として、病院で指示されたのは、
塗り薬とマラセブシャンプー。

私独自の治療法としまして、
美味しい空気を吸って、健全な運動だー
(←根拠のない、スポ根魂)


9月8日には、背中の赤みは治まって、
全然目立たない感じになってました。


皮膚4














右後ろ足の毛が短い部分は、少々赤みが
残っている感じ。
それに、病院で先生がカサブタ付きの毛を
ゴッソリ抜いてくれたのですが、まだボコボコ
してるトコもあって、ハラハラ しながらも
ブラッシングしてました。


皮膚5





ボコボコになっているトコは、
こういう風に、もれなくカサブタ付きの毛が
抜けてしまいます。。。

皮膚6















ちょうど、ワンコにとって抜け毛の時期でも
あったし、悪い毛が抜けて、キレイな毛が
生えてくりゃぁ~、いいさ!
って感じ。
ホラ、抜け毛って気にするとダメだもの。
ストレスになるじゃん。

とにかく、一番の原因は、お風呂後の
乾かし不足、いわゆる飼い主の落ち度
ですので、ペット用ドライヤーを購入して、
キチンと乾かすコトを心がけました。

9月13日、ほぼ元どおり。


皮膚7















後ろ右足も、ほとんど目立たない感じ。


皮膚8



アレルギーによる抜け毛ではなかったので、
割と早くに治りました。
原因は、飼い主の落ち度だったもので、
私さえ手抜きしなけりゃ、膿皮症になるコトも
なかった、っていう話。

今回の失態を肝に銘じて、ワンコのお世話に
励むコトを、ここに宣言するエイエイオー


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト



© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG