インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
岩城島菰隠温泉へ~南九州旅行記12
鹿児島県を出発して、一気に愛媛県へ
もっと南九州の周辺でウロウロしてたかったのに、
なかなかワンコOKの宿泊先がなくて
早々に九州脱出 になりました。
移動、移動でバタバタ

年末旅行に向けて余裕をもって
計画的にお宿の予約をしておけば、
もう少し、ゆったりとした旅行ができたかも~
ですが、なにせ直感とノリで鹿児島行きを
決めたからなぁ~。仕方なし。。。

長い距離の運転はタイヘン。
私と三郎は、もさ次郞 を応援するのみ!
そして、たまにお昼寝


愛媛県のしまなみ海道にある小さな島
「岩城島」に到着したのは、夜8時過ぎ。
橋が架かってない島だから、ぎりぎりフェリーに
乗れて、たどり着いた感じ。

お宿は、コチラ 菰隠温泉(こもがくしおんせん)ホテル

ワンコ同室OKのプランがあって、
とってもアットホームなお宿でした。
なにより、ヒーヒー言いながら疲れた体で
到着して、もてなされた夕食が絶品でした。

お品書きは、こんな感じ。


こもがくしメニュー








『胡桃豆腐』
胡麻豆腐とは、また違う、深みのあるコクと
甘みがあった~。

こもがくし






『お造り』 

こもがくし2







『レモンポーク海鮮鍋』

こもがくし3






牛すき焼き鍋 も選択できたんだけど、
今回は、レモンポーク海鮮鍋。
岩城島は、「青いレモンの島」と言われてて
そこで育った豚は程良くサシが入り、旨みが濃く、
とてもやわらかでジューシーなんだって。

確かに~!って思うほどの舌をもってないけど、
本当に美味しい豚サンでした。

こもがくし4






でも、牛肉至上主義の私は、ちゃーんと
『世羅みのり牛サーロイン陶板焼き(120g)』
も別途予約済み。
まちがいなく、美味しかった。

こもがくし5





一人分6切れもあって、食べ応え充分。
いろんなブランド牛で、○○牛、って言われて食べるけど、
ほぼ味の違いは分からないけど、美味しい牛肉は
やっぱり美味しいなぁ~、幸せだなぁ~って思うね。

こもがくし6







八寸として、これまた豪華で珍しい盛り合わせ。
鰻棒寿司も美味しかったし、ひげニンニクの天ぷらや
クワイの煎餅なんて言う、初めて食べる品も
あったよ~。

こもがくし7




そしていきなりの洋風。
『ふぐのエッグ・ド・スフレ』
レモンソースがかかってて、
バターの濃厚な味とサッパリしたレモンの香り
が絶妙なハーモニーになっている料理でした。

こもがくし8






これでもかー!っていうぐらい
たくさんの料理が次々と出てくるのだけど、
すべて美味しすぎて、食べてしまえちゃう。

『サワラのかぶら蒸し銀あんかけ』

こもがくし9





豪華な『海鮮ちらし寿司』

こもがくし10




『鯛のすまし汁』
青さ海苔たっぷりで、海の香りに
包まれるお椀でした。

こもがくし11





デザートも手抜きなく、手作りの
『みかんのゼリー寄せ』

こもがくし12



本当に、このホテルの夕食を食べるためだけに、
フェリーに乗って来る価値がある品々。


あまりにも印象的な味の数々に、
なんちゃってグルメブログみたいになってしまった。
レストランは、ワンコNGだったので、
三郎は、お部屋でお留守番。
飼い主だけが楽しんだ、最高の夕食タイムなのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

関連記事
スポンサーサイト
© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG