インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
摩訶不思議なモノ
さぁ、さぁ、私、雛祭り という、行事に際して、三郎の妹
ひゆちゃんのママさんの、ワンコのための雛祭り料理に触発され、
少々の努力をしたのさ。

無い袖は振れぬ! 持ち合わせてない実力は出せぬ!ってコトで、
とりあえず、家にあるモンで作ってみましたぁ~。


雛ご飯②









この材料から生まれたモンが、この不可思議なモンです。
無理矢理、しらぬい(デコポン)を突き刺しているトコにセンスの
無さを感じさせる1品。

三郎も、この摩訶不思議なモンは、何ぞや?って感じですね。


雛ご飯③










不思議を通り越して、食べ物なのか、食べるコトができるのか?
と疑われる始末。


雛ご飯⑤










疑いを晴らすべく、とりあえず素材の良さを全面に押し出した
(ただ皮をむいて、突き刺しただけの)「しらぬい」を食すがヨイ。


雛ご飯④












フツーに美味しかった「しらぬい」ムダに加工を施してない、
素材の旨さですから、当然と言えば、当然。
どうやら、この不可思議なモンが、食べ物だと気づいた三郎は、
本体の方をチラ見


雛ご飯⑥











不可思議な本体の、正体ですが、ワンコにおかしなモンを与えて
いる、と不安にさせてもいけませんので、ご紹介。

最初は、「しらぬい」をぶち込んで、デザート的なモンにしよう
と思ったのですが、あんまりフルーツの大量摂取は良くない、
とのコトで、刻んだ野菜等をぶち込んじゃいました

これも、家にあったモノ(白菜・キャベツ・にんじん・えのき・
しめじ)を切り刻んで、ワンコ用牛乳に投入。


雛ご飯⑩










そこにゼラチンを混ぜ込み、固まらせて・・・盛りつけた
大変、見かけはアリャリャ ですが、大変安全な食べモノです。


雛ご飯⑪










見栄えに問題があろうとも、どこらへんが、雛祭りらしい料理なのか
全く分からなくても、ワンコたるもの、飼い主から与えられたモノ
は、食べなくてはなりません。

飼い主としても、はりきって、ワンコのための雛祭り料理として
かなりの量を作っているのですから。


雛ご飯⑦











この不可思議な食べモンの栄養と安全性については、問題ナシ
と納得して頂けたコトでしょう。
あとは、どこらへんが、雛祭りの料理か?ってコトですが・・・


雛ご飯⑧











それはもぅ、飼い主の私が、雛祭りの料理として作ったゾ!
という心意気と、強いて言うならば、春らしい器に料理を入れて
みたコトだけ。


雛ご飯⑨









何事も、気持ちが大切でしょう。きっと、そうでしょう。

結局、食べるときは、グシャグシャに潰してしまいますので、
三郎にしても、見かけはいつものゴハンと一緒じゃん、
って思ってますよね。


雛ご飯⑫



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG