インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
三郎とぶー太の物語
この度は、メルヘン  な感じでお話をすすめましょう。


テーマは、
~ 三郎とぶー太の物語 ~


三郎とぶー太(おもちゃ)の出会いは、
三郎が生まれてすぐ。
三郎が初めて与えてもらった、おもちゃが ぶー太


ぶー太⑨












ぶー太 は、ブリーダーさんの所から
三郎と一緒に、私の元にやってきました。
きっと、三郎のお気に入りだったのでしょう。
私の元に来たときは、ピカピカ だったぶー太
今は、かなり薄汚れている。
ゴシゴシ洗われながらも、2年半も頑張っているよ。
昔は無かった、ニヒルな口(=ただの穴)まで出来てる。


ぶー太①













三郎に咥えられる、ぶー太
お気に入りだから、なかなか離そうとしない。


ぶー太②












飼い主も、ぶー太を一生懸命引っ張ってみるが、
目ん玉が飛び出そうなほど、必死に離そうとしない三郎。


ぶー太





こうして、どんどん、どんどん薄汚れていく、ぶー太
どんどんどんどんどん、ボロボロ になってきたね。






おい、三郎!
お気に入りの ぶー太 をボロボロにした犯人は、
紛れもなく、あなたでしょ?
って追及しても、三郎はしらばっくれる・・・。


はて はて ふむぅ~

ぶー太⑭




ぶー太は、ワンコのおもちゃ、
ですから、きっとこのようなボロボロの姿になるのは、
本望だ!と信じたい。。。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG