インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
もぐ蔵、優等生になれる日
陸に上がれば、とにかくケンカ ケンカ
お見苦しいサブ・モグの姿 を放置する
ワケにはいかないの。


川53














ケンカを見かねた、もさ次郎 が強制的に入水。
もぐ蔵は、自らスイスイ 勝手に入水。


川54














脱走癖のある三郎と違って、水の中では
もぐ蔵は、超 エリート優等生。
自主練習をしておきたまえ! と命じられると

わっかりましたー!かしこまり~
って感じ。


川55














黙々と1匹で、泳いでるもんねぇ。
勝手に、あっちこっちに行ったりしないし、
ヘタに奥の深いトコにも行ったりしない。


川56














深みにはまると、足が立たないから、
あっぶねぇ~ って顔をして、
慌てて浅瀬に戻ってくる、お利口サン


川57
















三郎は、脱走を図っては・・・
何度も水の中に連れ戻され、
とにかく一生懸命リハビリしたよ~。


川58















三郎の必死な様子を撮ってたら、
もぐ蔵が立派に頑張る姿も撮れるという


川59















まぁ、とにかく水の流れに逆らいながら泳ぐ
もぐ蔵の姿は、惚れちゃうくらいカッコイイ


川60














もぐ蔵も、鬼教官 もさ次郎の教えを受けて、


川61

















一段と泳ぎを上達させてました
犬かきを完璧にマスターしたようなので、
次は、背泳ぎくらいはできるようになるカモ~ 
と飼い主的には、将来がとーっても楽しみな、
もぐ蔵の才能なのです。


川62















この日は、夕立みたいな雨がザァー
と降ったりしてたので、わざわざ川へ泳ぎに来る
(私達のような)バカ は、いなかったの。
逆に、ラッキー
もぐ蔵も、他の人や犬に気を取られるコトなく、
優等生のまま過ごせました。

黄昏れるもぐ蔵


川63














長い時間、黄昏れていたもぐ蔵。
表彰台の自分を想像していたのかしら

飼い主が呼べば、一応振り向く、もぐ蔵。
水の生き物になってしまって、なかなか水中から
出てこないの。


川64



他のワンコに出逢わなければ、
うちのもぐ蔵、こんなにも模範的なワンコ
なんですよぉ~。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG