インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
魂の浄化作用
三郎 私が訪れた、『 大川原高原 』 は、
標高1000メートルなので、下界の気温は
28℃だったのに、現地での気温は20℃。
ブヒにとっても、過ごしやすい気温でした。
よって、久しぶりに サッカーボール投入。


牧場7















勢いよく追いかけていって、三郎流サッカー
のはじまり、はじまり~。


牧場8















得意げな顔をして、ボールをキープし、


牧場10














ここから、高速ドリブル が始まるのかと
思いきや・・・


牧場11














いえいえ、まだまだボールをキープしたままで、


牧場12














どうだ!すごいでしょ
的な、得意げな顔を向けてくるのだケド、
三郎の向きが変更しているだけで、
サッカーボールは1㎜たりとも動いてない、
という恐ろしい事実。


牧場13
















私から三郎へ、もっと躍動感あふれる動きを
するようにお願いしたところ、期待に添うよう
努力してくれる三郎の姿。


牧場15















サッカーボールに勢いよく走り込んできて、


牧場16















この得意げなお顔、三連発


完璧な走り込みでしょ!

牧場18









僕のサッカーを地味な動きだ、
ってバカにしてーー


牧場19










やればできるんだぞぅ!
まいったかーー


牧場20















参りました~
奇想天外なもぐ蔵流サッカーに比べると、
三郎流サッカーは、地味な感じですけど
一生懸命にボールを追いかけて、
三郎自身が楽しんでるのが、何より

涼しい気温の中、休憩を入れながら
めいいっぱいサッカーを楽しみました~
三郎もスッキリ満足したらしく、
帰るよー、って声をかけたら、ハーイって
感じで駆けつけて来たよ。

(じぃーっ と見ていると、三郎が駆けてきます。)

牧場21




こんな笑顔を見られたら、山の上の上まで
登ってきた甲斐があったというものです。
この高原には、山道をグニャグニャと1時間
くらい運転して登りました。
いつも、私は助手席でぐうたらしてるだけなので、
運転するって大変
ちょっとばかり、もさ次郎 への感謝の気持ちも
芽生えて、私の魂も少々浄化されたのでした。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG