インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
蔵王橋にてドキドキワクワク~和歌山旅行記(完)
次は、いまいち場所がよく分からないまま
ナビに従って行っちゃえ
何とか到着した、『 蔵王橋 』
まぁまぁ遠かった~。


橋2














川沿いをよく分からないまま走って、
目的の橋が見えてきた時は、嬉しかった~


橋3














ネットで、この橋の存在を知って、
渡りたかったの~。
真っ赤なピーンと伸びた橋。


橋5













川の色は、エメラルドグリーン。
天気がイイ日だったので、景色最高

橋6















橋の透け感、最高
よぉ このスケスケ☆ベィビィ~


橋7















私、スリル満点なコト、大好物
三郎を抱っこして、渡りま~す。


橋













チャキチャキと先に進んでたら、
なかなか付いてこない男1人とブヒ1匹。
さすがの、もぐ蔵もビビってるのかしら
と思って、
無理して連れて来なくてイイヨー!
って伝えたら・・・


橋8














ちょっと待たんか~い
って、ドスドスと歩いてきたよ。


橋9













ワシ、腰抜けちゃうでぇ~
って、凄い形相で訴えてきた、もぐ蔵。
足元、隙間があって歩きにくいだろうのに、
全く気にする様子もなく、
結構な高さなので、怖くて足がすくんでも
おかしくないのに、全く動じず。


橋10














橋を渡るのに躊躇していたのは、
もさ次郎 の方だった、という。
意外~ ビックリ。
だって、富士急ハイランドで一緒にどんな
絶叫マシーンに乗っても、ヘッチャラ
だった男が・・・まさか。

確かに、人が歩くと橋はギシギシ揺れるし、
そこがまた、面白いトコなのにねぇ。
ワハハハハハ


橋11














橋の向こう側は、通行止めになってた。
台風の影響等で、山側の地盤が
緩くなってるのかしら。
なんとか渡りきって、足取りも軽やかに
なっていた、もさ次郎。
ターンして再度、橋を渡らなきゃ、って
事実も受け止められていた模様。


橋12














私は、すっごいウキウキ した橋との出会い。
渡れずに帰っていく人、多かった~。
すっごい大きくて立派な犬も、
全力で抵抗して、結局渡らなかった。
そんな中、ヘッチャラでドスドス橋を歩いた
もぐ蔵、やっぱ偉大なワンコ様 だわ~。
私は、たいへん誇らしい。


不満ゴーゴーだった、もさ次郎 ですが、
帰り道に、銀杏が落ちてる場所を発見。
嬉々として、銀杏拾いにいそしんでた
自然の恵みを頂いて、帰りました

芸術の秋なので一句詠みます。。。

たたずんで、哀愁香る 
銀杏ひろい
(字余り)


橋13














帰りのフェリーに乗る前に、
和歌山ラーメンじゃないケド、和歌山県での
ラーメン食べた。
すっごく和風ベースで、不思議な味の
美味しいラーメンでした。


橋14



これまた、ラーメンの上にまさかの
玉ねぎスライスがのってて、
玉ねぎ恐怖症のもさ次郎
不満ゴーゴー になってたケド、
まぁ、それもイイ思い出です。
ワハハハハハ

和歌山旅行の思い出は、これにて
お・し・ま・い。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きゃ~スケスケの橋恐ろしや><。
ブグ子さん、高いトコお好きなんですね~
スカートがマリリンモンローばりにププッピドゥですわよ♡

私は高いトコ苦手なので渡れなかったのですが、大阪府交野市にある星のブランコという橋は、木床板人道吊り橋の国内最大級だそうです!
ちょっと大阪というにはへんぴな場所なんですが、機会があればぜひ挑戦してみて下さいっw
あっでも、橋までは急な坂or階段なので三郎くんは大変かもですが^^;
豆mamaみや蔵 | URL | 2015/11/13/Fri 14:52 [編集]
かなりイイ!
v-254 豆mamaみや蔵さんへ

いや~ん、情報ありがとうー♪
『星のブランコ』 PCで見たよ~。
三郎を抱っこして行く価値あるよね~。
もさ次郎には苦行となるでしょうが・・・。
紅葉の季節は素敵だろうなぁ。

奈良にもイケてる吊り橋あるみたいだし、
私、吊り橋研究家になろうっかなぁ~。
そして、マリリンモンローごっこするの。

あっ、でも肉体的なボリューム不足ダネ(笑)
ブグ子 | URL | 2015/11/14/Sat 00:25 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG