インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
ちょん太ちょん平、っていう銘菓
11月20日、とっても懐かしいモノをもらったよ。

『ちょん太ちょん平』 というお菓子。
子供の頃に食べた記憶が・・・
そんな、童心に返るような徳島の銘菓。

ようかん











この包装紙を見て、昔のもらったコトがある銘菓だと
かすかに記憶がよみがえったケド、改めて見て
『ちょん太ちょん平』 って、どんだけふざけた
ネーミングなんだ
しかも、どっちが「ちょん太」で、どっちが「ちょん平」
なのか、さっぱり分からん事態。

ようかん2












中身は、一口サイズの真ん丸の羊羹。
シブイ、渋すぎる・・・。
そして、中には「ちょん太」でも「ちょん平」でも無い
新たなメンバーの顔のしおりが入っているの。
アンタは、誰


ようかん3













この真ん丸の羊羹、小さなゴムの風船に入っていて、
付属の竹の楊枝で突き刺すと、つるりんとゴムが
一瞬で破れて、ピカピカ の羊羹がデロ~ンと出てきます。


ようかん4












実食する前に、三郎にも披露。
当然、三郎にとっては初
ボール 大好き三郎ですが、この羊羹には興味ナシ。


ようかん5












いざ、実食!
って思って、竹の楊枝でブスリ。


ようかん6












気持ちイイぐらい、ツルリンとむけたのに、
ちょっぴりビックリした三郎は、逃げてった


ようかん7












再びやってきて、不思議そうに羊羹を見てたね。


ようかん8












つるりんとゴムがむけて羊羹が飛び出した手品の
真実を探している風な三郎。
種も仕掛けも無いのですよ。そういう食べ物、ってだけ。


ようかん10



子供の頃は、ペロリンと羊羹が飛び出すトコだけが
楽しくて、まともに食べてなかった気がしますが、
大人になって食べると、とっても素朴な味の羊羹でした。
ついつい何個も食べてしまえる甘さなの。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG