インテリ三郎と破天荒もぐ蔵のわいわいガヤガヤ
page top
土佐山嫁石梅まつりへ~高知旅行記12
日曜市を堪能して、次の目的地は、

『土佐山嫁石の梅まつり』

梅を愛でに行くなんて、なんて高尚なんでしょう。
昔の私なら、花をわざわざ見に行くなんて
考えられませんでしたが、今は、三郎と梅 のコラボを
撮りたいの。


梅















山へ山へと分け入って、行く途中には
対向車とすれ違えないほど狭い道幅のトコがあったり
私には大冒険

そして車を駐車場に止めてからも、山道をスタコラセッセ
梅園は、平地じゃなく山の中だもんねぇ。
カートを押す私には、いろいろ難関が待ちかまえて
いたのでした。


梅2












一番の難関は、カートを抱えて階段を下りる、ってトコ。
カートの中には、宝物の三郎様が入ってるしネ、
慎重に、慎重に下ろさなきゃ。


梅3










なんとか、階段を下りきった後の三郎は、
ガタゴト揺れて、おケツ が痛かったらしく、
たいそう不満げな顔をされてました。


梅4












その後、鉄橋を渡ってる時も、雑な私に対して、
不安そうに、振り返り、振り返りしてた三郎。


梅5












鉄橋を渡りきった後には、こんなにも素敵な笑顔を
見せてくれたので、飼い主は頑張った甲斐があったと
いうものです。


梅6














そして、どんどん山を登っていくと、梅祭りらしき
屋台が出てる広場が。
これぞ、梅祭り
梅を見てるだけじゃ、祭りの感じが無いもの。
食べ物屋サンがあってこそ、祭りっぽい。。。


梅7













田舎寿司やら、猪汁やら、地元名産の食が
ありましたが、私は好きなモノ、食べたいモノを食べる派。

ジャ、ジャーン
高知と全く関係ない、「金沢かれいぱん」です。


梅8












真っ黒の細長い生地に、オーソドックスなカレー。
フツーに美味しかった。


梅9



梅まつりと言えども、とりあえず花を愛でる前に、
食べ物にありつかなきゃ!

そう思っているのは、私だけじゃなく
広場には、食べ物を求めてたくさんの人が集まってました。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© サブ・モグのぶぐぶぐブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG